2009年12月14日

[雑感] Detroit 2 Detroit Best of 2009

毎年恒例の年間ベストを発表します!

特に意識している訳ではないのですがヨーロッパの作品がほとんどを占めてしまいました。惜しくもベスト10には漏れましたが、よく聞かせてもらった作品も合わせてご紹介したいと思います(順不同)。この中ではAbdul Haqqプロデュースの「The Technanomicron Volume 1」がレア盤になりそう…かも?

Detroit Grand Pubahs - The Detroit Connection, Pt.4
Joris Voorn - Balance 014
DJ 3000 - Galactic Caravan
DJ 3000 - Galactic Caravan Remixes
Kevin Saunderson - History Elevate
Rennie Foster - Soul Music for the Damned
The Black Dog - Further Vexations
The Moritz Von Oswald Trio - Vertical Ascent
Robert Hood - Minimal Nation
Stacey Pullen - Stacey Pullen's 2020 Vision
Planetary Assault Systems - Temporary Suspension
3chairs - Spectrum
Ron Trent - Dance Classic
Oscar Mulero - Tresor Mix: Under Review
Kraftwerk - The Catalogue
Jeff Mills - Sleper wakes
Tribe - Rebirth
Aux 88 - Mad Scientis
V.A. - The Lost Tribe Of Techno
V.A. - Pirahnahead Works Selected By Shuya Okino
V.A. - Diviniti Sings Selected By DJ Kawasaki
V.A. - The Technanomicron Volume 1


■B12 - B12 Records Archive Vol.1〜Vol.7

90年代初頭のUKインテリジェント・テクノ・ブームを牽引した伝説的ユニット兼レーベルB12のベスト盤。入手困難だったレアトラックや未発表トラックを惜しげもなく収録したマニア驚愕の内容(Vol.6には超レアアルバム「Prelude Part 1」を丸ごと収録!)。ダークで繊細なUK流デトロイト・テクノの頂点です。

2009_01.jpg
B12 Records Archive Vol.1 - 試聴
B12 Records Archive Vol.2 - 試聴
B12 Records Archive Vol.3 - 試聴
B12 Records Archive Vol.4 - 試聴
B12 Records Archive Vol.5 - 試聴
B12 Records Archive Vol.6 - 試聴
B12 Records Archive Vol.7 - 試聴




■Omar S - Fabric 45

デトロイト・アンダーグラウンドの異才Omar Sによる初のオフィシャルなDJミックス。全曲自作の「俺ミックス」。荒削りでぶっきらぼうなミニマルトラックばかりですが、なぜかソウルフルで詩的な響きも感じられる不思議な魅力があります。

2009_02.jpg
Fabric 45 - 試聴




■Arne Weinberg - Alpha & Omega

自らのレーベルAW-Recordingsをクローズしてスコットランドのグラスゴーに活動拠点を移したArne Weinbergのセカンド・アルバム。初期のDerrick MayやCarl Craigのイメージを受け継ぐ正統派ピュア・テクノ。

2009_03.jpg
Alpha & Omega - 試聴




■V.A. - Delsin II

Rush Hourと並んでオランダ・テクノ・シーンを牽引する古参レーベルDelsinのベスト盤。デトロイト・テクノ、デトロイト・ハウスからの影響を消化し独自のディープ・サウンドを生み出す同レーベルからリリースされる作品は外れがありません。

2009_04.jpg
Delsin II - 試聴




■Tom Middleton - One More Tune

Global Communication、Jedi Knights、Cosmoなどの名義で知られる大ベテランTom MiddletonによるミックスCD。90年代初頭のテクノ・シーンが最も純粋だった時期を思い出させてくれる感動的な内容。「Strings Of Life (Tom Middleton Remodel)」は数々のリミックス・バージョンの中で一番かっこいいと思います。

2009_05.jpg
One More Tune - 試聴




■Raiders Of The Lost ARP - Tema5

2008年にアナログのみでリリースされたRaiders Of The Lost ARPのセカンドアルバムが待望のCD化。音はオプティミストのMad Mikeといった雰囲気のコズミックなG2G系エモーショナルサウンド。ライセンスを取って国内盤をリリースしてくれたMusic 4 Your Legsさんに大感謝!

2009_06.jpg
テマ・ファイブ - 試聴




■Sans Soleil and Genevieve - Simple Machine

Derrick MayのレーベルTransmatよりデビューしたSans Soleilが香港のヴォーカリストGenevieveとコラボレーションしたクールでセクシーなアブストラクト・ハウス。これは傑作です。レーベルの方針なのか試聴を出し惜しみしているのが残念…。

2009_07.jpg
Simple Machine - 試聴




■Ian O'brien - Kokoro / 心 You Are Nothing Without Your Heart

日本在住のIan O'brienによるリミックスワークを集めたベスト盤。日本人には誤解されそうなイロモノっぽいアートワークとは裏腹に、入手困難なレアトラックや未発表曲も含めて全てが完璧な内容。Ian特有のポジティブなドライブ感が気持ちいいフュージョンテックトラック!

2009_08.jpg
KOKORO/心 - YOU ARE NOTHING WITHOUT YOUR HEART - 試聴




■Future Beat Alliance - Patience and Distance

90年代中頃より活動するベテランFuture Beat Allianceが、これまたオランダの大ベテランStefan RobertsによるレーベルEevoNextよりリリースしたサードアルバム。ブルーのアートワークから受けるイメージ通り、透明感のあるパッド系の音色が美しい典型的なヨーロッパ産ピュアテクノサウンド。

2009_09.jpg
Future Beat Alliance/Patience And Distance - 試聴




■Redshape - The Dance Paradox

「仮面の怪人」Redshapeによる待望のファースト・アルバム。イロモノっぽいルックスとアートワークとは裏腹にしっかりした音楽性が素晴らしい。実力に裏付けられた重厚なエレクトリック・サウンド。

2009_10.jpg
The Dance Paradox - 試聴



posted by Detroit 2 Detroit at 22:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 年間ベスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月01日

[雑感] Detroit 2 Detroit Best of 2008

毎年のお約束ということで今年よく聞いたCD5枚をご紹介します。

2008年は「Rediscovers The Rings Of Saturn」「BCD-2」「Starlight」など、
大物アーティストによる復活・話題作が多い年でしたね。

Last Days of Silence
Last Days of Silence
posted with amazlet at 08.11.22
B12
B12 (2008-05-26)
売り上げランキング: 54802

なんといってもコレでしょう! 90年代前半のインテリジェント・テクノ・ブームの洗礼を浴びた往年からのマニアなら気持ちは分かるはず(笑) 長い沈黙を経て復活を遂げたB12待望のニューアルバムは何と前作から12年ぶり! デトロイト・テクノを英国流の甘さと毒で料理した極上のリスニング・テクノ集です。特に「Hall Of Mirrors (Digitonal's String In Space Remix)」は、インテリジェント・テクノ世代とエレクトロニカ世代の力を結集した感動的な一曲。ロシアン・アヴァンギャルドなアートワークも秀逸! しかもリミックス盤「Archive」シリーズまでリリースする気前のよさ。このペースで2009年以降も頑張ってもらいたいところです。

Recomposed by Carl Craig & Moritz von Oswald
Carl Craig
Deutsche Grammophon (2008-11-04)
売り上げランキング: 482

人気、実力共にデトロイト・テクノのトップを走るCarl Craigとベルリン・ミニマル・ダブの創始者Moritz von Oswaldがタッグを組んだ今年最高の問題作。しかもテーマは「ボレロ」「スペイン狂詩曲」「展覧会の絵」といったクラシックの名曲の再構築! ベテランになっても実験精神を忘れない二人の偉大なアーティストの心意気に感服。ご本人たちの写真が満載な豪華ブックレットと美しいジャケットデザインもポイントです。

Mi Mix
Ian O'Brien - Mi Mix

日本在住のIan O'Brienによる極上のデトロイト・テクノ・ミックス集。彼が素晴らしいのは単なる流行にのったフォロワーではなく、心底デトロイト・テクノを愛している事だ。それはツウ好みな選曲からも良く分かる。自身の未発表曲も収録されているが次はぜひオリジナル・アルバムで勝負してほしいなぁ。

Fabric 39
Fabric 39
posted with amazlet at 08.11.22
Robert Hood
Fabric (2008-05-13)
売り上げランキング: 19190

「ハード・ミニマルとはこういうものだ」と行動で示してくれた元URの頑固職人Robert HoodによるDJミックス。何も変わらず、ただ前に突き進むのみ。なに? 古臭い? では、KitsuneとかKompaktでも聞いてください(笑)


icon
icon
V.A. - Viewpoints Chapter One
icon

2008年、最も活躍したフォロワー・レーベルといえば、グラスゴーを拠点に活動するAW Recordingsでしょう。なんといっても主催者のArne Weinbergがとにかくデトロイト・テクノ好き(のはず)。本作は同レーベルが初めてリリースしたレーベルコンピレーションですが、Louis Haiman、Stephen Brown、Xdbといった新世代アーティストによるデトロイト・テクノへの愛情に満ちていて同じファンとして心から共感できます。
posted by Detroit 2 Detroit at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 年間ベスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月11日

2005デトロイトテクノBEST5

まだURのコンピが発売されていないが、とりあえず2005年の総括をしてみた。
ちなみにシングルBEST1は、ケヴィン・サンダーソンの「Say Something」
http://www.cisco-records.co.jp/cgi/title/techno/detail_136393.php


1位 V.A. - The Electric Institute

「Virtual Sex」の再来!! 一家に一枚。

The Electric Institute
The Electric Institute
posted with amazlet on 05.12.11
Various
New Religion (2005/10/24)



2位 Galaxy 2 Galaxy - A High Tech Jazz Compilation

デトロイトテクノファンが狂喜乱舞した究極の一枚。
2位の理由は、「Hi-Tech Jazz」がショートバージョンだったことと、
新曲が思ったほど良くなかったから。

A Hi-Tech Jazz Compilation
A Hi-Tech Jazz Compilation
posted with amazlet on 05.12.11
GALAXY 2 GALAXY
インディペンデントレーベル (2005/02/11)
売り上げランキング: 729



3位 V.A. - In The Dark The Soul Of Detroit

ビートダウンは今年も静かに熱かった。
「Detroit Beatdown」の新作2枚もおすすめ。

http://www.cisco-records.co.jp/cgi/title/techno/detail_138885.php


4位 Joe Lewis - The Return Of Joe Lewis

80年代から時空を超えて帰ってきたシカゴハウスのオリジネイター。
初期カール・クレイグを連想させるコズミックトラックの数々。

The Return of Joe Lewis
The Return of Joe Lewis
posted with amazlet on 05.12.11
Joe Lewis
Peacefrog (2005/08/02)
売り上げランキング: 34,972



5位 Aaron Carl - Detrevolution

今年の「Fuse-In」でも大活躍。家族愛と誠実な人柄。
でもゲットーテックを作っちゃうギャップが素晴らしい。

Detrevolution
Detrevolution
posted with amazlet on 05.12.11
Aaron Carl
Wallshaker (2005/12/12)
posted by Detroit 2 Detroit at 12:38| Comment(0) | TrackBack(1) | 年間ベスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。